里親さま募集

2009年7月10日 (金)

せりちゃんの里親さまを募集いたします

(無事にせりちゃんの里親さまが見つかりました。ご心配くださったみなさま、ありがとうございました)

Sr0028654_5
今日で生後40日を迎えた「せりちゃん」、やっと挿し餌が朝晩2回になりましたので、里親さまを募集したいと思います。

父親は「シナモン館」いちばんの男前文鳥「くるみちゃん」(奥)、母親は(ままちゅんには)全盛期の吉川ひなの似に見える「あこやちゃん」(手前)です。
Kurumi_acoya_4

今シーズン唯一の雛ということで、溺愛しまくって育てたので、ものすごーく甘えんぼうで、可能ならば1羽飼いのお宅に行くのがベストではないかと思っております
先住さんがいらっしゃるお宅だと、飼い主の愛を一身に受けられないことにストレスを感じるかもしれません(これは先住鳥さんの性格にもよるでしょうし、飼ってみないことにはわからないことではありますが…)。

母親鳥の「あこやちゃん」の両親は、ざくろさんとりらちゃんです。
Zaqro_lila_4

左がざくろさん、右がりらちゃんです。
くるみちゃんは姫路の愛好家の方から譲っていただいたコ、あこやちゃんは自家繁殖、ざくろさんはショップから購入した弥富産、りらちゃんは東広島の愛好家の方からいただいたお嫁さんです。
どちらのペアも、見ていて恥ずかしくなるほど仲良しです(汗)。

肝心のせりちゃんの雌雄はまだわかりません。

【追記】グゼりました。男の子で間違いない…と思います。

わが家の雛がグゼるのは、だいたい生後52日あたりからが一般的です。
今日のお昼間に計ったところ、体重は27グラムでした。

里親さま募集については、過去記事の「里親さま募集要項」をお読みくださったうえで、左カラムのメールフォームからご連絡くださいますようお願いいたします。
よいご縁がありますようにお祈りしております。

*「募集要項」にもございます通り「手渡しのみ」という条件です。

*巣上げ以来ずっと1羽で育っておりますので、多数飼育のお宅には馴染めないのではないかと思っております。1羽飼いの方を優先いたします。

| | コメント (4)

2008年4月18日 (金)

まりちゃんの里親さまを募集します

【まりちゃんの行き先はおおむね決まりました。ありがとうございました。】

C0110394_22394223

4月18日現在、孵化後40日の「まりちゃん」の里親さまを募集します。 最初のころ、なんとなく女の子っぽいかなと思ってつけた名前ですが、わたくしの当たらない予想では男の子ではないかという気持ちが日に日に強くなっております(笑)。 もちろん「まりちゃん」はわが家での便宜上の名前ですので、里親さまが新しく名前をつけてくださっても結構です。 現在は、皮付き餌と粟玉を混ぜたもの、粟穂、青菜(小松菜)、ボレー粉を(一応)ひとりでも食べられるようになってはおりますが、コミュニケーションを兼ねて、朝と寝る前に挿し餌をしております。挿し餌なしでも大丈夫だとは思いますが、やはり直接ごはんを食べさせてもらうと多少は馴染むのが早いのではないかとも思ったりしています。 水浴びは、お皿、アウターバードバス、どちらも使えます。 わが家でわたしが育てている限りは、ものすごい甘えんぼうであり、やんちゃでもあります。 健康面についてはまったく問題はありません。 今回は、たった1羽ということもあって「お渡しツアー」は開催されませんが、近県であればお届け(または待ち合わせ)することは可能です。 詳細については、前回の14羽のひなひなーずのときの募集要項をごらんくださいませ。

C0110394_22451888

お問い合わせ、ご質問等がおありでしたらご遠慮なくどうぞ。 よい里親さまに巡り会えることを切望しております。

|

2008年2月21日 (木)

里親さま募集要項です

C0110394_23113056

里親さま募集にあたって、要項(というほど偉そうなものではありませんが(笑))をまとめてみました。 まず、一般的な説明とお願いをば。

・無償です。でも「タダより高いものはない」とも申します(笑)。

・譲渡・転売はしないでください。もしそのようなことがあれば…神罰がくだります、たぶん。

・必ず手渡しとさせていただきます。当方は広島市在住です。 ただし、距離やタイミングによっては中間地点で待ち合わせなどできる場合もあります。ご相談ください。

・家族の一員として、手乗りのまま終生かわいがってくださる方。

・室内飼育で、犬、猫、フェレット等の動物との同居でない方。

・高校生以下は不可とします。

・怪我、病気の際には、速やかに小鳥を診察できる獣医さんにかかってください。「小鳥専門」とまでは申しません。なぜならわが家の近くにもないので(笑)。

・文鳥の飼育書を1冊は持っておいていただきたいと思います。とりあえずのオススメは『アニファブックス 文鳥』(アフィリではありません(笑))ですが、よほど怪しげなものでなければなんでもかまいません。
(上記の本は現在絶版になっているそうです。ペットショップなどではまだ売っているところもあるようですが、なければ『小動物ビギナーズガイド 文鳥』(こちらもアフィリではありません(笑))あたりがよいのではないかと思います。

・お渡しまでに、住所、氏名、メールアドレス(可能なかぎり携帯やフリーメールでないものを希望します)、電話番号を教えていただける方(里子に出すことが決まれば、こちらからもお知らせします。また個人情報はご連絡以外には使用しません)。

・年に何度か近況をお知らせください。また雛換羽後の姿を一度は写真で見せてください(どちらの親に似ているかなどが知りたいのです)。また、雌雄の判別がついた、お嫁さんorお婿さんが来た、ひなが生まれたなどのお知らせは是非是非。ブログなどを開設していらっしゃる(またはこの機会に開設してくださる)方だと大変嬉しいです。

・現在飼っていらっしゃる文鳥さんのお嫁さんorお婿さんとして貰ってくださる方は、来シーズンからの繁殖にしてください。

・落鳥した、どうしても飼えない事情ができたときには、必ずご一報くださいませ。

・我が家では、ショップ出身の文鳥は必ずお迎え検診をしており、現在わが家にいる文鳥たちや、そのひなたちの健康状態はいたって良好です。

・以前飼っていた文鳥さんの用具を再利用なさる場合は、つぼ巣などの藁製品は処分し、ケージ、餌入れなどは漂白剤や熱湯で消毒しておいてください。

・挿し毛などの出方、♂♀は基本的にわからないと思っておいてくださいませ。なお、わたくし本人がグゼる前の段階で♂♀を当てた確率は20%程度、コインを投げて決めた方がよほど高確率であることもお知らせしておきます(汗)。

・お話がまとまっていても、ひなの健康状態などによりお渡しを延期/中止させていただく可能性があります。

・先着順ではありません。また、記入事項の不備、一般常識から逸脱したメールにはご返事できない場合があります。

・ブログをごらんになってくださっていた方ならお分かりの通り、可愛がって可愛がって育てたひなひなーずです。お渡しのときに夫婦で涙ぐむかもしれませんが(…前歴あり(恥))、もしそうなった場合は見なかったことにしてやってくださいませ(汗)。

C0110394_23171780

以上の条件で里親さまになってくださる方がいらっしゃいましたら、

1.お名前(読み方を添えてくださいませ)
2.おおまかなご住所(市区町村程度まで)
3.メールアドレス
4.電話番号と連絡可能な時間帯(メールでご連絡がつかない場合、お電話させていただきます。お電話でも連絡がつかないときは、次の方にお話をさせていただきます)
5.文鳥の飼育歴(初めてでも、基本的な飼い方をおさえて可愛がってくださる方ならかまいません)、及び現在の飼育環境(初めての方は予定される環境)

以上5点を左カラムのメールフォームよりご連絡くださいませ。 ひなをお譲りすることが決定しましたら、正確な連絡先をお教えくださるようお願いいたします。また、こちらの正確な連絡先もお教えいたします。

ではでは、ご連絡をお待ちしております。

|