卵~赤身

2009年1月26日 (月)

旧正月

旧暦のお正月でございます。 だからといってなにか家庭内で行事があるわけでもないのですが。 さて、ご心配おかけしておりましたくるみちゃん、羽が生え揃って飛べるようになりました。 初めはまだままちゅんタクシーを使っていたのですが、 「飛べるんじゃない?」 と手に乗せてラックに移動させると、奥さんのあこやちゃんがラックの上からダイニングテーブルまでびゅーんと飛んだのを追いかけて、テーブルまで難なく飛んで行きました。 くるみちゃんを心配してくださって、隣町でありながら、福岡から大阪までの獣医さん(小鳥専門含む)のインプレッションつき情報を寄せてくださったUさま、本当にありがとうございました。いや~、福岡や大阪まで文鳥さんを診せに行っていらっしゃるとは…頭が下がります…(泣)。

C0110394_2322447

完全復活した「おにーちゃん」ことくるみちゃん。 このあと、ささっとままちゅんの顔の横に止まって、 「今までタクシー、お疲れさま」 と言わんばかりに顔を寄せて来て…なんだかほんとに「この色男っ!」って感じです(泣)。 一方そのころ、ざくろさんはというと…。

C0110394_23241030

ケージの戸を開けたときに、たまたまつぼ巣にいたせいで、放鳥中はお留守番でした。 外でぎゃるると喧嘩の声がしようと、まったく動じることなく巣篭もりを続けておりました。 お水や餌を新しくしてもつぼ巣から動かず、まあ見上げた父性だこと(泣)。 チャイちゃんとフィビちゃんの卵は、この放鳥で撤去しました。 1時間弱でチャイちゃん&フィビちゃん、くるみちゃん&あこやちゃん、そしてりらちゃんという夫婦ものはケージに戻したのですが、卵がなくなったことについて、チャイちゃんもフィビちゃんもとくに騒いだりはしませんでした。 前回のエントリーのように、フィビちゃんが「チャイちゃんが卵をどこかにやった!」と激怒するようなことがあったら最悪だなあと思っていたのですが、2羽してつぼ巣に入り、 「卵ないね~」「なくなっちゃったのね~」 ぐらいの感じでした。 つぼ巣はそのままにしておいたので、そのうちにまたフィビちゃんが産卵を始めるかもしれません。 りらちゃんが帰宅したので、ざくろさんはよいしょとつぼ巣から出てきてりらちゃんと抱卵交代。 文鳥体操をして、餌をちょっと食べたら、 「おかーちゃん、ざくろもちょっと外に出たいですよ」 ということで放鳥することにしました。 とりあえず、びゅわーんとテーブルまで飛び、そこからくるりとUターンして行った先は…。

C0110394_23432359

…やっぱりくるみちゃんのいるケージでした(泣)。

C0110394_23433738

「こんにちは、ざくろさんが来ましたよ」

C0110394_23435675

あこや「おとーさん! 来ないでよ!」

ざくろ「うるさいですね、ざくろはくるみちゃんにご用なんです!」

C0110394_2344888

ざくろ「くるみちゃーん、ゲンキになったんですか!」

あこや「…だから帰ってって!」

ざくろ「余計なお世話ですよ、娘の分際で親になんてこと言うんですか!」

C0110394_23443526

ざくろ「ん~、ちゃんと羽は生えたみたいですね。よかったですね」

C0110394_23444645

ざくろ「快気祝いに一曲歌いましょうか?」

くるみ「今日、久しぶりにたくさん飛んで疲れてんだよ…」

C0110394_23445839

ざくろ「遠慮しなくてもいいんですよ、ざくろ、勝手に歌いますから」

C0110394_23451441

ざくろ「なんでざくろのこと無視するんですかっ! 失礼な人たちですね…」

…いや、ざくろさんが悪いんだと思うな、おかーちゃんは…(泣)。

そしてたまたま撮れたざくろさんのキュートなお尻(笑)。

C0110394_23453057

なんにもなくてもしっぽがこんなに上がるんですねえ。ああ、ふかふかのお尻がたまりません(泣)。 さて、話は最初に戻りますが、お正月ということで、読んでくださるみなさまにお年賀代わりになにか差し上げたいなと思っています。 新年のごあいさつの品といえば、定番の手ぬぐいですね(失敗作を大量に作っていたのは練習だったのです(笑))。 里親さま方に勝手に送りつけるというのも考えたのですが、貰っても困る方もいらっしゃるでしょうし、だったら「お年玉」としてプレゼントしようかな、と。 ついでに、過去好評だった「ヴィトンのパチモンのお財布」なども出してみたいと思っております。 差し上げるお品の写真や、応募の詳細については次回のエントリーで公表するつもりです。 よろしければご参加いただけると幸いでございます。

| | コメント (3)

2009年1月20日 (火)

フィビちゃん、ご乱心!(泣)

孵化予定日を過ぎても延々と抱卵にいそしむチャイちゃん&フィビちゃんペア…去年とまったく同じ展開です、はははは。

そして、ざくろさんとりらちゃんも、現在6個の卵を抱卵中です。
ざくろさんは、りらちゃんのいるつぼ巣に入るためには、なにか巣材を持っていかないといけないと思っているらしく、よくケージの床をごそごそしています。
なにも見つからないと、
「おかーちゃん、なんかりらちゃんに持っていくお土産ありませんかね?」
と言うので、裂いたティッシュやチモシーを入れてやります。
「女の人のところに行くのに、手ぶらってわけにはいかないじゃないですか」。
…釣った魚に餌をやる男、ざくろさん。素晴らしい夫です(泣)。

くるみちゃんはまだうまく飛べないのですが、とくに飛べないことにコンプレックスを感じたりもしないようで、ままちゅんタクシーを駆使しながら放鳥に参加しています…が、やはりうっかり飛ぼうとして床に落ちて、間違って踏んでしまったりしないように、いつも視界のすみに入れるようにしているので、写真を撮るためにカメラを覗いたりできなくて、放鳥中の写真はありません…。

飛べない自覚はしっかりあるようで、ラックの上ならラックの上、椅子の背もたれなら椅子の背もたれで、奥さんのあこやちゃんと一緒にじっとしています。
くるみちゃんの異常に気付いているのかいないのか、やはりざくろさんは、
「くるみちゃん! ひさしぶり!」
と「漢同士のダンス」をしようとして、あこやちゃんに、
「お父さんっ! アタシのダンナになにするのっ!」
と叱られたり、風紀委員のチャイ先生にチャイキックをかまされたりしているのですが…相当好きなんでしょうね、隙あらばくるみちゃんと踊ろうとしています。

くるみちゃんは、
「ざくろ~、俺さぁ、今、飛べないんだよね~。踊ってる場合じゃないの」
と迷惑そうにしています…。

たまに、ざくろさんが踊りのフィニッシュでくるみちゃんに乗っかり、だんごになってくるみちゃんもろとも椅子の背もたれから落ちることがあるのですが、落ちかけても飛べるざくろさんはともかく、くるみちゃんは床で、
「ままちゅん、俺、飛べないんだけどさぁ、落ちちゃったんだよね」
と拾い上げられるのを待っています。いちいちパニックにならないところはざくろさんと大違いです(泣)。

飛べないくるみちゃんとその妻あこやちゃん、抱卵中のチャイちゃん&フィビちゃん、ざくろさん&りらちゃんペアは、放鳥は30分に短縮されています。この3ペア、自分たちだけが早くケージに戻されるのはイヤみたいなのですが、みんな30分ならまあいいか、と思うようです。

とくに問題のない独身男子のアレックスとしろちゃんは、いつも通り1時間(予定(泣))です。

チャイちゃんとフィビちゃんのケージの右隣がアレックスのケージなのですが、アレックスが自分のケージの上で遊んでいたり、しろちゃんがラックの上で遊んでいたりすると、チャイちゃんは、
「ウチは今、卵があるんだから見ないで!」
と、上や右に向かって口を開けて威嚇します。
フィビちゃんはつぼ巣の中で抱卵しているのですが、外敵を追い払ってくれる頼もしい夫を、こともあろうに攻撃しまくるのです。

口を開けて威嚇するだけでなく、つぼ巣から出てチャイちゃんを追い回し、羽や脚を噛んで振り回そうとするのです。
チャイちゃんは「フィビちゃん、どうしたの? なんでチャイちゃんにそんなひどいことするの?」
と逃げ回るばかりで、反撃はしないのですが、このままではチャイちゃんが怪我をしそうなので、別居させたほうがいいのかなあ…と思ったり。

しかし、去年も2回抱卵してこんなことはなかったし、わが家にいるどのペアもこんなひどい状態になったことがなく、ひたすら、
「フィビちゃん、どうしたの? チャイちゃんのなにがイヤなの?」
と聞くばかり。
フィビちゃんは完全に「外敵に立ち向かう母の顔」で、いやー、怖いのなんのって。

とりあえず、チャイちゃんが怪我をしないように、チャイちゃんとフィビちゃんのケージの入り口を開けて、洗濯ばさみで固定しておきました。いざとなったらチャイちゃんが外に逃げられるように、と思ってそうしたのですが、チャイちゃん、あっという間に外に出て、アレックスとしろちゃんとに直接対決を挑みます。
若造たちはもちろん瞬時に逃げ出して、フィビちゃんのいるつぼ巣を覗き込むコはいなくなりました。

これ以上ごたごたが起きるのは面倒なので、アレックスとしろちゃんもケージに戻し、チャイちゃんも一旦フィビちゃんのいるケージに帰ってもらいました。フィビちゃんのチャイちゃんへの攻撃が治まらないようならば別居です。

…と思っていたのですが、フィビちゃん、今度はまったくチャイちゃんをつつこうともしません。
フィビちゃん、あなた、もしかして…チャイちゃんがアレックスやしろちゃんを威嚇していたのを、自分が威嚇されているんだと思ってた?!(汗)。
チャイちゃんがケージの外に向かって威嚇するのをやめたとたんに、フィビちゃんの態度が軟化したところを見ると、た、たぶんそういうことなんだと思いますが…勘違いもはなはだしいです(泣)。

『文鳥様と私』の9巻に「文鳥は知能が低いので毛引きはしないと言われている」とあるのを読んで、
「じゃあやっぱりざくろさんやくるみちゃんは毛引きだったのかなあ…ウチのコ、知能高そうだし(←親バカ(泣))」
と思ったりしていたのですが、フィビちゃんはさすがに小鳥らしい知能の持ち主のようです…(泣)。

でも、巣上げした直後から「ありえないほど理知的な顔立ち」と言われていた「りんくん」のお母さんなんですよね、フィビちゃんって…。まあ、りんくんはチャイちゃんに似たんでしょうけれど…。

一方そのころ、生後1年を揃って迎えた14ひなひなーずのうち、ざくろ家の第一子である、岡山のTさま宅に行ったフラちゃんが、めでたくママになったそうです。


右がフラちゃんですね。色はざくろさん似、顔立ちはりらちゃん似、典型的な「ウチのコの顔」ですねぇ(笑)。

雛換羽前から胸のあたりの羽が1本ぴょこっと出ていて、わが家では通称「アホ毛さん」と呼ばれ、夫のお気に入りのコだったのですが(写真でお腹の羽が1本出ているのは、抱卵のせいですよね…?(汗))、Tさまのお宅ではすぐに餌を食べ、先住のシナモンの男の子と同じ止まり木にいたという小悪魔系(汗)だったそうで…。
先日いただいたお年賀状では、元日から抱卵を始め、お相手はそのシナモンくんだそうですが…「そなくん(1歳3ヶ月)」とあって、もしやもしやこれは横浜の「シナモンズの部屋」の「そな・れな・ろん」ちゃんの「そな」くん…?と思っていたら、案の定そうでした。いや~、世の中というか文鳥界は狭いです。
でも、知っている方のおウチから行ったコがダンナさんというのは、なんとなく「花嫁の母」っぽい、ちょっと寂しいような物悲しいような気分になるのが不思議です。ショップ育ちの素性の知れないコだったらそんな気持ちにはならないような気がします。うーん、何故でしょう。

そして、フラちゃんのすぐ下の妹であるリデルちゃん@東大阪は、今日、初産卵なさったそうです。こちらは(たぶん)無精卵のようですが、とりあえず無事に生まれてよかったです。あと数日は産卵が続くでしょうから、保温とカルシウム摂取に気をつけてあげてくださいね~。あと、万一のときのための通院用キャリーケージの用意も…。

| | コメント (4)

2007年12月 3日 (月)

親鳥たちが育てていたころ

父親鳥のざくろさんは溺愛されまくりのジコチュー文鳥、母親鳥のりらちゃんはかよわい印象で、どちらも育雛には向いていないのではないかと思っていたのだけれど、今年6月の最初の産卵&育雛で超優秀な子育てをしたので、飼い主としては大変に意外だった。





父親鳥:ざくろさん(弥富産)。全体に色が濃い。喉に差し毛がある。




母親鳥:りらちゃん(不明)。全体に色が淡く、頭に白い差し毛あり。


抱卵~育雛中に夫婦揃って外に出たわずかなすきに撮れた写真はこの程度。
(ピントが来ていないものもあるけれどご参考まで)





11月21日。2羽が孵化した翌日。




11月28日。7~9日目。




11月30日。9~11日目。




12月3日。12~14日目。明日は巣上げ。

| | コメント (0)