« あこやちゃんが永眠いたしました | トップページ | スーパームーンの日に »

2011年11月23日 (水)

ざくろさんには何かが見えたらしい

 あこやちゃんにお悔やみのお言葉をくださったみなさま、本当にありがとうございました。

 あれから10日が経ち、昨日あたりからようやく世の中がカラーで見えるようになり、
「昨日まではモノクロだったんだ…」
と妙なことに気付いたりしながらも、なんとかあこやちゃんの死を受け入れられるようになりました。

 が、受け入れられないのが、あこやちゃんの夫の「くるみちゃん」。

 なんでも三歩で忘れてしまう「鳥頭」などと言いますが、くるみちゃんは大変記憶力のよいコで、一度、冷蔵庫から大好物の煮干が出てくるのを見てしまって以来、放鳥時にわたしが冷蔵庫の近くに行くと、
「ままちゅん、お魚出して~」
とやってきて、ひとつ出してやるまでじーっと待っているような性格で…。

 今も、あこやちゃんがいない事情がわからず、ケージから出るとほかのケージを探して回ったり、ケージの中にいても、あこやちゃんのお気に入りだった場所にいたりして、見ているほうが辛くなります。
 あこやちゃんの亡骸を見せて、ちゃんとお別れをしたつもりだったのですが、どうもまだ死んだとは思っていないようです…。

 ケージの入り口をがっしゃんがっしゃんとして「出せ出せ」とうるさいので、くるみちゃんだけ出すと、ヨソのケージを見てまわって、結局ざくろとりらちゃんのいるケージの上に居座ります。
 ざくろたちも、ケージごしとはいえ、真上にくるみちゃんがいて気分がよいはずもなく、ぎゃるぎゃると文句を言うのですが、ひとしきり騒いだあとは諦めておとなしくなり、くるみちゃんもケージの上にしゃがみこんで、
「ちょっとここで待たせてもらいますよ」
という感じで静かにしています。

 静かにしていても、ざくろとりらちゃんにとってはやはり邪魔でしょうし、帰らぬひとを待つくるみちゃんの姿を見るのも辛いので、ころあいを見てじぶんのケージに戻すのですが…。

 そして今朝。
 くるみちゃんが来るばかりでは不公平かなあ、と思い、在宅中のくるみちゃんのケージの近くにざくろを連れていくと、いつものようにケージの上でくるみちゃんに歌い踊っておりました。

「ざくろは、あこやちゃんが死んだことが分かっているのだろうか。それともそんなことはどっちでもいいのかな…」
などと思いつつ見ていると、ざくろも、
「あれっ? いつもならあの親を親とも思わない失礼な娘(=あこやちゃん(笑))がぎゃるると文句を言ってくるはずなのに…?」
と、くるみちゃんのケージをじろじろと観察していたのですが、空のつぼ巣の中を見たとたん、ものすごく怯えた顔で小さく「ぎゃっ!」と言って二、三歩横っ飛びに移動して、すごい勢いで逃げようとするのですが体がうまく動かないようでパニックを起こしておりました。

 パニックになると行き先も定めずに飛んで壁に激突…がよくあるパターンなので、これは危ない!と両手で包もうとしたのですが、するりと抜けて、レースのカーテンのかかった窓のほうへ。

 幸い、窓にぶつかる前につかまえられたのですが、体は脱力し目はうつろ、そしてぱくぱくと開口呼吸…。
 ざくろさんはてんかん持ちではないはずなのですが、これがいわゆる「てんかん様発作」というものなのでしょう。 数分間、握って落ち着かせてやると、元に戻り、りらちゃんも「ちょっと! いつまで遊び歩いてるのっ?」とばかりにきゃんきゃん鳴き始めたので帰宅させました。

 わたしは幽霊とかオカルトとかはまったく受け付けられないのですが、あのざくろさんの驚きようは「幽霊を見て腰を抜かす人」そのものだったので、
「ああ、ざくろさんはなんか見えちゃったのね…(汗)」
と思わざるを得ませんでした。

 あこやちゃん、成仏できないでいるのでしょうか。なにしろわたしが仏教徒じゃないからなぁ…。ちゃんと神式でお祭りをしてあげないといけなかったのかしらん。

|

« あこやちゃんが永眠いたしました | トップページ | スーパームーンの日に »

文鳥亭日常」カテゴリの記事

コメント

動物は人間にはない能力を持っていますよね。
たまーにうちの文鳥sも何かが見えるようで動きが違います。特に私が人込みを何時間も歩いて帰宅した時はその確率が高いです。

動物は生き返る時間が人間よりもずーっと短いそうです。
あこやちゃん・・・きっと誰かの卵の中に潜り込むかもしれませんね。
ままちゅんならきっとあこやちゃんの生まれ変わりはわかるでしょう♪

投稿: テロテロ | 2011年11月30日 (水) 20時20分

ウチのひとたちはままちゅんに似て(?)、そういうのは感じないのだと思っていたのですが、ほんとうにお芝居なんかに出てくる「幽霊を見て腰を抜かした人」そのまんまだったので、さすがに見えてしまったんだろうなあ…と。

生まれ変わりとか輪廻というのは仏教のことなので、わたしは非常に疎いのですが、あんなに可愛いお顔のお転婆さんなら、何度でも育てたいものです…。

投稿: シナモン母 | 2011年12月 4日 (日) 22時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あこやちゃんが永眠いたしました | トップページ | スーパームーンの日に »